マルセイユ石鹸 Part 2  Part 石鹸の詳細や特長等
Part 2(目次)

・石鹸シャンプー

洗顔

食器洗い

原産国&製造販売元の表記

・マルセイユ石鹸の類似品


●石鹸シャンプー
良く濡らした髪全体に直接石鹸を付け十分泡立てます。洗顔と異なり、手やネットで予め泡立て髪に付ける方法はお止め
下さい。これでは泡立ちが持続せず汚れも落ちません。後は一般のシャンプーと同じ、髪と共に地肌のマッサージが重要です。
無添加の石鹸でシャンプーを続けますと【頭皮が健康になり、新しく生える髪が徐々に太く丈夫になる】⇒無農薬の土地に
安全で健康な作物が育つのと同じ原理です。
<その結果、使い続けると枝毛も減り、増毛の効果も出る>
これは社内外モニターや、ご使用のお客様で検証済みですが、石鹸シャンプーを続けると以下の現象が現れます。

1.抜け毛・・・抜ける本数が減り但し、数十本程度/日の抜け毛は正常です今まで細かった髪が次第に太くなる。
2.生え際・・・産毛が生えてくる。 3.髪全体・・・毛の密度が濃くなる。

もちろん個人差や体質の違いで、全ての人に適合する訳ではありませんが、これは事実です。更に

<化学合成シャンプーを使わない事で、環境に配慮できる>

<省コスト、省資源>
・・石鹸ひとつで全身が洗えるのですから、これほど経済的で便利な事ありませんよね!

注)ラ’プラネットなど保湿力の強いオリーブ・ソープ使用時髪が乾きにくい・べとつくなど感じる場合、さっぱり感の強いパームを
お試し下さい。またペットのシャンプーにもどうぞ、毛並みが次第に良くなります。高温・多湿期にはパーム・ソープ、乾燥期はオリー
ブがお勧め。尚、この石鹸は万一ペットが口にしても害はありません。

但し、
<シャンプーとして使い始めの頃、痒みやフケが増える事が有る>
これは今までの合成シャンプーで頭皮が痛んでいる時によく出る現象です。石鹸シャンプーを続けると頭皮の炎症は徐々に無く
なり、フケや痒みは出にくくなります。(フケの原因は多岐に渡りますので、長く止まらない時は皮膚科の先生にご相談下さい)

<シャンプー後の髪がギシギシ、ゴワゴワする>
お酢のリンス↓がお勧めですが、リンスやコンディショナーは地肌の改善ではなく◎今生えている髪を整え・補修する役目
なので、無添加に拘らなければお好きな商品でよろしいかと思います。 アミノシャンプー&コンディショナー

石けんシャンプーとお酢のリンス (日本経済新聞 掲載)

大阪の読者の方からご質問を受けました。せっけんシャンプーが髪にも環境にもいいのはわかっているけど、髪がゴワゴワするし朝
は爆発頭になるしどうも使いづらい。どうやったらサラサラヘアーになるでしょうか、というご質問でした。
そうなんですよね、石鹸シャンプーはコツをつかむまではなかなか大変です。私の場合、合成シャンプーを使っていた頃は頭の地肌
によくブツブツができました。それがすごくかゆいんです。一日でも洗髪しないとかゆい・臭いのダブルパンチ!それが、シャンプーを
石けんに替えたらぴたっと収まったんです。
最初の頃は髪がゴワゴワになりましたが、それを解消したのはお酢のリンスでした。
せっけんで洗髪してすすいだ後、洗面器のお湯におちょこ一杯分くらいのお酢を入れ
ます。このお酢入りお湯に髪をひたし、手ぐしでよくとかします。
石けんで洗ったばかりの髪はゴワゴワきしんでいますが、お酢のお湯に浸したとたんに、
すーと指通りがなめらかになるんですよ!これは、アルカリ性のせっけんが酸性のお酢
で中和されたからです。
このままだとお酢臭いので、シャワーでもう一度流してシャンプーは終わりです。これだ
けで髪はサラサラになりますが、ツヤツヤには植物油がいいんですよ。
手のひらにオイルを数滴とって髪全体に伸ばします。数滴で足りるの?と思うでしょう
が髪がぬれているときなら大丈夫。
乾いた髪にオイルをつけるとべたっとした感じになります。必ず濡れた状態でつけて下さい。少量で全体に伸びます。
各種オイルや昔懐かしいツバキ油でも、もちろんグーです。石鹸シャンプー用のリンスも売られていますが、私には酢のリンスとオイル
の方が合っているような気がします。この方法を友達に教えてあげたら「長年のフケと痒みから解消された」って言ってました。皆さん
もぜひ試してみてください!

お勧めのお酢
純米酢・レモン果汁・クエン酸・ポッカレモン・手作りリンス。また仏・マイユ社の食用ビネガー(りんご酢や木いちご酢)等良い香りで
価格も手頃ですが、東京では成城石井や明治屋の一部店舗等に限定されるようです。いずれも十分薄めてどうぞ。

●洗顔
お勧めの洗顔法は、手や泡立てネット(100円ショップ)・海綿スポンジ等で予め十分泡立て、お顔に円を描くよう優しく洗って
下さい。尚、今までお使いの洗顔料が・・・
1.添加物入り
・この場合、確実に化学物質が入っているため、気が付かないうちにお肌が痛んでいる場合がございます。
・従ってマルセイユ石鹸を使い始めの頃、希に今までの悪影響が出る事も考えられます。これはいきなり無添加の純粋な石鹸
 に切り替える為に起こる拒絶反応(リバウンド現象)で、お肌に違和感やつっぱり感、ヒリヒリ等の症状が現れます。
・お顔は全身の中でも肌が弱い部分ですから、リバウンドには注意が必要です。万一出た時はこれを弱める方法として、今までの
 商品を急に止めないで使用頻度を徐々に減らし(例えば一日おき)お肌の様子を見ながら切り替えるのが安心かと思います。
*リバウンドは化粧品や洗顔料を替えた時、稀に起こる現象です。
2.無添加
この場合ほとんど影響は出ていませんが、同一の無添加品を長く使い続けた後に使いますと、リバウンドに似た症状が出る事が
ございます。これはお肌がその商品に慣れている為です。無添加と言っても成分は各社で異なるため起きる症状ですので、前述
のように様子を見ながら徐々に切り替えて下さい。
注)無添加の表示
無添加とは・・本来 添加物が一切含まれないものを言うのですが、無添加品の多くは化学物質が含まれています。商品裏の
全成分をご覧下さい。これは薬事法の<旧指定成分が含まれなければ、無添加と謳える>事によります。
また医薬部外品 は、薬事法上【指定成分表示のみとなり、全成分の表示義務がありません】のでご注意下さい。

【洗顔石鹸や基礎化粧品の洗顔料について】
これらの石鹸は容量:価格で見ると異常に高い!ものが多く(例えば60g=1500〜2000常識では考えられない価格
の上有害な添加物入り も多く、安心・安全なマルセイユ石鹸で洗顔される事をお勧めします。


●メイク落ちは?

ウォータープルーフなどを除き、クレンジング無しでも2度洗いで落ちます。入浴時の洗顔は更によく落ちますのでお試し下さい。
尚、クレンジングオイルがお好きな方はこちらをどうぞ。

●洗顔後のスキン・ケアーは?

アフターケアーはダマスク ローズウォーターキャリアオイル&シアバターでどうぞ。全て無添加の商品ラインです。


◎お肌に合わない場合、無理なご使用はお止め下さい。

あらゆる商品がそうであるように、優れた物でも稀に合わない場合や好みもございます。心配な方は初め少量でご注文下さい。

また【重度のアトピーや極端にお肌の弱い方】にはお勧めできません。これは石鹸を含む全ての洗浄剤に刺激を受ける可能性が
あるからです。尚、肌荒れの原因は多岐に渡りますので、心配な場合専門医にご相談下さい。マルセイユ石鹸をご存知の先生
も多いかと思います。

●食器洗い
手荒れの気になる食器洗いにもお勧めします。石鹸をスポンジにつけ、良く泡立ててお使い下さい。お酢や果汁事前に水や
お湯で洗い流し、油汚れやマヨネーズ/ソースはペーパータオル等で拭き取ってからどうぞ。尚、石けんの保湿成分グリセリンにより
食器がやや滑り易くなりますからご注意下さいね。


●原産国製造販売元 ・・・薬事法による表記

石鹸に限らず<薬事法に関わる輸入品>表示ラベルの多くは、原産国と製造販売元の表記がございます。

・原産国=生産した国
・製造販売元=品質・成分検査・包装等を行った国/会社 (主に輸入元)

を指します。製造販売元・・という表現は、日本で作られないにも関わらず紛らわしいですが、これは法令準拠によるものです。



マルセイユ石鹸の類似品

マルセイユ石鹸=サボン マルセイユという名称は、プロヴァンス地方・マルセイユと石けんの歴史でもご説明の通り、昔からこの
地方を中心に製造される石鹸の総称す。
現在、正統なマルセイユ製法により一貫生産しているメーカーは数社しかありません。中でもマリウス ファーブル社は歴史ある
最大のメーカーとして規模と品質で頂点に立ち、欧米では「王家の石鹸」と呼ばれています。セラァイユ社は小規模ですが今も
伝統の製法を守り続けています。アラッシオは正規販売店として、常に新鮮な本物のマルセイユ石鹸をお届けします。

(ご注意)
マルセイユ石鹸の中には、メーカー・商品によって添加物や牛脂等が混入し、製造者名の表示すら無い物も多く、ネットやショップ
店頭でも見かけます。また一部の新興メーカーが配合比などを真似て、マルセイユ石けんと称し販ています。
これらの多くは下請けによる委託(OEM)生産で、正統なマルセイユ製法により製造されておりません。【泡立ちが悪い/化学物質
が含まれる/長持ちしない割に価格が高い。更に本物そっくりや、通常販売できない非正規品を安く売る】等々ございます。全身
に直接触れる石鹸!間違いの無い本物をお選び下さい。


Part 石鹸の詳細や特長等