バラの谷
ブルガリア中央部、バルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈に挟まれた広大な高原。「バラの谷」と呼ばれるこの地で栽培
されるバラは ダマスク ローズ と呼ばれ、5月中頃になると谷は華麗なピンクの花で埋め尽くされます。
早朝の谷は朝もやに包まれ、朝露にぬれたバラはみずみずしく清らかな芳香を蓄え、手摘みされるのを待ちます。
日が高くなると、香りが蒸発してしまうので急がなくてはなりません。
ふつう1Kgのローズ精油を採るのに3.5〜4トンの花びらが必要で、17世紀以降 同量の金より高値
で取引され、黄金の液体と呼ばれるようになりました。
バラの切り花を見慣れた人にとって4トンの花弁!は正に想像を絶する量で、わき上がるような甘い香りと
鮮やかな色に圧倒されます。