南仏・プロヴァンス地方と石けんの歴史

南仏の地中海沿岸、プロヴァンス地方/マルセイユではすでに9世紀、石けん産業のはしりとも言える石鹸工場があり、ここを
中心としてフランスのツーロンやイタリアのベニス、サボア(石鹸=Sabonの由来)等でも製造されるようになりました。
その後、粗悪な石けんが市場に出回った為、1688年フランス国王ルイ14世がマルセイユ以外での石けん製造を禁止。
激しい製造基準を命じました。それ以来マルセイユ石鹸の名が世界中に広がり、現在に至ります。
1789年にプロヴァンス地方/マルセイユとその周辺には、65の石鹸工場が存在していました。ところが1945年以来の
化学万能の産業界にあって、伝統製法による石けんの製造所は数える程になりました。
しかし近来の公害多発による天然素材見直しの中で、今この伝統産業が大きく復活しています。またこの地中海
沿岸(イタリア・スペイン等も含め)は、古くから世界でも最高のオリーブ産地として有名です。
「SAVON de Marseille」の名称は、昔からこの地方を中心に作られる石鹸の総称として使われてきました。
中でもマリウス ファーブル社は、歴史ある最大のメーカーとしてその規模と品質で頂点に立ち、欧米では王家
の石鹸と呼ばれ、セラァイユ社は親子に渡って受け継がれた工場で、今も伝統の製法を守り続けています。

最近一部メーカーが配合比などを真似し、「マルセイユ石鹸・サボン ド マルセイユ」等の名称で販売しているよう
ですが、これらは・・添加物が含まれる ・泡立ちが悪い ・長持ちしない割に価格が高い。更に本物そっくりや
通常販売できない非正規品を安く売る・・等々ございますので十分ご注意下さい。
アラッシオは公式代理店として、本物のマルセイユ石鹸を新鮮な状態でお届けします。
Q&A 2 類似品>の項も合わせてご覧下さい。