紫外線で老化を促す作用 朝日新聞
化粧して外出するとシワやシミが増える?・・・ファンデーションなど化粧品の防腐剤として広く使われている
メチルパラベン(通称:パラベン)には、紫外線があたると皮膚細胞の老化を進める作用があることが
京都府立医科大 生体安全医学講座(吉川敏一教授)の研究で分かった。
きれいに見せるための化粧品でお肌を痛めるかもしれない、という研究結果だけに注目を集めそうだ。
メチルパラベンは抗菌作用が高い一方、皮膚に対する刺激が低いことから、パウダー類や化粧水、乳液など
化粧品では最も一般的に使われている防腐剤。紫外線カットのための製品にも含まれている。
単体での安全性は確認されているが、同講座は実際に使われる状況での影響を調べた。
実験では、皮膚細胞(ケラチノサイト)に、通常の使用方法で皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加し、
夏の日中の平均的な紫外線量(1平方cmあたり30mmジュール)をあてた。細胞の死亡率は、
添加しない場合の約6%に対し、添加した方は約19%。
紫外線によって酸化した脂肪内に発生し、老化の元凶となる「脂質過酸化物」の量は約3倍だった。
吉川氏は、メチルパラベンが紫外線を浴びると、シワやシミなどにつながる皮膚の老化を進めることが確認できた
として「メチルパラベン入りの化粧品をつけたら、強い直射日光は避けた方がいいのではないか」と話している。
吉川氏らはイタリアで開かれる国際抗酸化学会で、研究結果を発表する予定だ。